パソコン困りごと相談
パソ困掲示板
投稿前注意
 新規投稿
 ツリー表示
 質問一覧
 2ch風表示
 新着順表示
 
 初めての方へ
 回答者の方へ
 投稿説明
 TOP
メール配信/退会
過去ログ全て
 過去ログ最新
 検索
運営会社
 管理体制
 運営ポリシー
 管理者へメール
 よくある質問
 感謝の声
携帯Webアドレス
リンクの貼り方
 相互リンク
 ウエブリング参加
姉妹サイト
 エトセトラ

パソコン困りごと相談は皆さんの力でトラブルを解決するサイトです。
無料/会員登録不要。中古パソコン活用も勧めています。まずは[初めての方へ]から
OS過去ログ Windows8 Windows7 | VISTA | XP | Me | 2000 | NT | 98 | 95 | DOS/Win3.1 | Linux | Mac
XPログ NEC | 富士通 | ソニー | 東芝 | シャープ | 日立 | DELL | レノボ(元IBM) | ONKYO(元ソーテック) | 自作

"cheking file system"の検索結果


515179Re:起動時メモリチェック後止まってしまう熊猫(初) 2015/08/15-21:16

記事番号515177へのコメント
熊猫(初)さんは No.515177「起動時メモリチェック後止まってしまう」で書きました。

KAWAIさん、早速に有難うございます。

・起動停止時の表示は
NEC PC-9800シリーズ パーソナルコンピュータ
 マイクロソフト MS-DOSバージョン6.20
 Copyright (C) 1981,1994 Microsoft Corp. / NEC Corporation

 ここで、どれかキーを押すとHIMEM is testing extended memory ...done.
 とconfig通り実行され、Win3.1が立ち上がります。

・autoexec.batの内容
@ECHO OFF
A:\DOS\SMARTDRV.EXE /X
PATH A:\WINDOWS;A:\DOS;A:\
SET TMP=A:\TMP
SET TEMP=A:\TMP
SET DOSDIR=A:\DOS
WIN
・config.sysの内容
FILES=40
BUFFERS=10
SHELL=A:\COMMAND.COM /P
DEVICE=A:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=A:\DOS\EMM386.EXE /UMB
DEVICEHIGH=A:\DOS\HRTIMER.SYS
DEVICE=A:\DOS\SETVER.EXE
DOS=HIGH,UMB
DEVICE=A:\DOS\RSDRV.SYS

・以上を見る限り特に問題は無いと思うのですが。
 またHDD-システムファイルも他のPCでは正常に起動しますので、問題ないのでは?
 マザーボード上のデバイスの問題でしょうか?

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

515163Re:windows10アップグレード後のライセンス認証ZONE 2015/08/14-08:28

記事番号515159へのコメント
YAMAさんは No.515159「Re:windows10アップグレード後のライセンス認証」で書きました。

> NECに確認したところ、このPCのプロダクトキーは本体に貼ってあるもの以外には
>なく、 入っているのもこのキーに間違いなとのことでした。またこのスペックには
>プロダクトキーの書き換え機能はないそうです。

私の周りにWindows 7 プリインストール機が無いので確認できませんが、コントロール
パネルのシステムのライセンス認証部にプロダクトキーの変更はありませんか?
#うちのWindows 7機は仕事用ライセンス版なので直接比較できませんが、プロダクトキー
#の変更はちゃんとあります。

プリインストールされているプロダクトキーとPCに貼られているプロダクトキーが
同じかどうかは、↓のフリーソフトで判ります。
・ProduKey - Recover lost product key (CD-Key) of Windows-MS-Office-SQL Server
http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html
後部の「Download ProduKey (In Zip file)」をキリックして32bit版(produkey.zip)を
ダウンロードし、解凍して現れたprodukey.exeを実行するとプロダクトキーが表示
されます。
Windows 10 Home 32bitにアップグレードした環境で実行した場合は、
Internet Explorer行に、Windows 7 Home Premium 32bitのプロダクトキーが表示
されますので、PCに貼られているプロダクトキーと見比べてください。
#不正利用されるといけないので、プロダクトキーはこちらに書き出さないように。
#尚、Windows 10 Home行に表示されたプロダクトキーでライセンス認証はできません。

> 認証されないまま使い続けるとどんな不都合が起こるでしょうか。

ライセンス認証完了までの猶予期間が過ぎると機能制限がかかって使用できなくなります。

>windows10にしてインターネットと電話認証を試みましたが駄目でした。

いままで選択肢に現れなかった電話認証が現れたんですね。
何をしたら電話認証が選択肢に現れましたか?
電話認証でマイクロソフトの担当者といろいろやりとりをされた結果、認証拒否
されたんだと思いますが、どのようなやりとりだったのでしょうか?

515152Re:RAID5 HD故障ZONE 2015/08/12-20:00

記事番号515151へのコメント
いちごさんは No.515151「Re:RAID5 HD故障」で書きました。

>マザーボード GIGABYTE EX58-UD4
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=2988#ov
・日本語マニュアル
http://download1.gigabyte.asia/Files/Manual/motherboard_manual_ga-ex58-ud4_j.pdf
RAIDは、Intel ICH10Rで構築されているのですね。
RAIDアレイの操作方法はマニュアルの後部を参照。

SSDの容量が書かれていませんが、現在のCドライブとデータ量が余裕を持って入れられる
500GBクラスを用意されるものとして。
1.SSDをマザーボードのGSATA2_0に接続してディスクの管理でパーティションの作成と
 フォーマットを行う。
 システムで予約済み用:10GB(本来は200MB程度)
 Cドライブ用:90GB
 データ用:残り全て
2.必要なデータをSSDのデータ用にコピーする。
3.SSDを外す。
4.RAID BIOSに入り、RAID5アレイを削除する。
5.HDDを外す。
6.SSDをマザーボードのSATA_0に接続する。
7.Windows VistaのDVDからブートし、インストール先のドライブ選択で、
 システムで予約済み用とCドライブ用に確保しておいたパーティションを削除、
 空いた領域(100GB)にWindows Vistaをインストール。
 インストール時にSSDが見つからない場合は、マニュアルのWindows Vistaインストール
 部を参考に、ドライバを読み込ませてください。
8.2台のHDDをマザーボードのSATA_2/3に接続する。
9.下記サイトを参考に2台のHDDでRAID1アレイを作成する。
 ・ICH10RでRAID1(ミラーリング)の構築!きくちはじめ工房 - 愛媛県八幡浜市のパソコンサポート専門店
 http://kick.ti-da.net/e2454919.html
 こちらは、Windows上でRAID1アレイを作成している例ですが、マニュアルを参考にして
 RAID BIOSで作成しても構いません。

上手くできない場合は、友人に手伝ってもらうと良いでしょう。

515099PCが起動できなくなりましたりたっち 2015/08/02-13:28

メーカー名:FRONTIER フロンティア神代
OS名:Windows7
パソコン名:KZCA7402/22WA
トラブル現象:パソコンが起動しない
ハード関連:CPU・マザーボード CPU
--
・PC起動→しばらく放置→操作したらブルースクリーンエラー
・再起動→通常起動しない
・コンピュータの修復→途中で停止
・セーフモード→起動しない
・何度か繰り返すも起動しない
・OS再インストール→途中で停止
・ディスクを入れて起動しても「Windows is loading files...」で止まるようになる
・Linux系のubuntuディスクがあったので試してみるがやはり途中で止まる
・メーカーロゴでもたまに止まる
・メーカーロゴが正常に流れた場合、BIOS設定は起動できる

「Ultimate Boot CD」といういろいろなソフトが入ったものもためしましたが、これも途中で停止、操作を受け付けなくなりました。
停止せずに進めていっても「system halted」などエラーメッセージが出てソフトを使用できません。

HDを使用しない起動ディスクもまともに動作しないため、
にわか仕込みのPC知識しかない私にはどこがおかしいか判別できません。


515080過負荷時のPCの異常終了とそれに伴うPC・ウィルスバスターの不起動など秋(初) 2015/07/29-18:02

メーカー名: iiyama
OS名:Windows7
パソコン名:KDMi353TG-E24A
ソフト関連: ウィルスバスタークラウド
使用回線:光
--
初めまして

主な異常は表題の通りです
よくChromeで動画を見ながら同時にゲームをするなどするのですが
ここ二三日はそれを30分程度続けていると重くなるなどの予兆なくPCが突然切れてしまいます
この症状の後、時間を置いて起動してもwindowsのロゴの後に画面が黒くなりっぱなしで
F8→正常に起動できた時の設定で起動をしないと起動しません
またPCを起動するとスタートアップするはずのウィルスバスタークラウドが起動しなくなってしまいます

それぞれ詳細を書いていきます
動画はニコニコ動画、ゲームはフラッシュ製のものが主です
フラッシュの脆弱性のニュースの後はしばらく控えてブラウザとともに最新のアップデートをしました
異常終了の時に特にファンの異常な音や画面が重くなるなどの兆候はなく突然消えて再起動します
その状態から普通に何もしないで起動しようとするとロゴの後で止まってしまいます
ただし一度前述の起動をするとまた異常終了するまでは普通に起動出来るようになります
上記のような過負荷をかけなければ数時間程度操作をしても症状は表れませんでした

ウィルスバスターの挙動ですがスタートアップだけでなくそもそも起動しません
ショートカットからもその元のEXEファイルからもエラー表示含め何の反応もなくなってしまいます
再インストールすれば動くようになるのですが再び異常終了するとやはり動かなくなります
他に動かなくなっているプログラムがあるかは確認できません
少なくとも他のスタートアップは正常に動作しますしエクスプローラーやブラウザの起動は問題なくできます

他にも慢性的な症状としてメモリ診断をすると途中でブラックアウトします
1/2が100%になった後、全体の50%を過ぎた後で何も反応しなくなります
またOSのDVDを入れると
c:\windows\configsetroot\files\メーカー名等.wim
が存在しないとしてエラーになります
ちなみにwindows下を確認しましたがそもそもconfigsetrootというフォルダは見つかりませんでした
もちろん削除した覚えはありません

素人なのでそれぞれの症状が関係あるか分かりません
タイトルになってる症状は関連があると思われますが慢性的な症状の方はそれを改善しようとして発覚したものです
ですからもしかしたら以前からその状態になってたのかもしれません
症状を検索すると一部は熱暴走が原因とするものの気がしますがそうでないような症状もあり対応に困っています
一応再インストール後のウィルスバスターで検索をかけても何も引っかかりませんでした
以上の症状に何かしら心当たりがあればその原因と対処法をお教えいただきたいと思います
よろしくお願いします

514905Re:インターネットサイトを訪れた際の記録について。kimi 2015/05/27-22:49

記事番号514904へのコメント
質問者さんは No.514904「インターネットサイトを訪れた際の記録について。」で書きました。

あまり古くないアクセスなら、ローカルの記録を探してみましょう。
Temporary Internet Files フォルダです。

IPアドレスをプロバイダから借りているならば、プロバイダに相談してみましょう。

(参考)
http://raqool.com/blog/archives/374

514611Windows 8.1 USB回復ドライブをブータブルCD化する方法えのずぃ 2015/03/16-14:28

記事番号514608へのコメント
えのずぃさんは No.514608「Re:ブータブルBD/USBメモリの作成について」で書きました。

検証作業がやりやすいように、ブータブルUSBメモリをブータブルCD/DVD/BD化
する方法を書いておきます。
この方法は、Web検索して得た情報を元に使いやすいようにまとめたものです。
Windows 8.1の回復ドライブをブータブルCD化するための手順で書いていますが、
フォルダ構造が同じものならどれでもできるはずです。
※Windows 7の「システム修復ディスク」をブータブルUSBメモリ化し、それを
 再びブータブルCD化できました。
※作業は、Windows 8.1 PRO 64bit 環境下で行っています。

==============================
Windows 8.1 USB回復ドライブをブータブルCD化する方法

Windows 8.1 ADK を使用してブータブルCD化します。
BIOS専用、UEFI専用、両対応版の3種類作成できます。

1.「Windows 8.1 ADK」(adksetup.exe)のダウンロードとインストール
 ・マイクロソフトダウンロードセンターからダウンロードしてインストールします。
  http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39982
 ・ダウンロードした adksetup.exe を実行します。
  インストール途中のインストールを行う機能の選択で、
  「Deployment Tools」のみにチェックを入れる。
  その他の機能は不要なのでインストールしません。。

2.作業用フォルダの作成とファイルのコピー
 Cドライブ直下に以下の構造のフォルダを作成し、
 作成に必要なファイルをコピーします。
 ・Windows 8.1 32bit用USB回復ドライブの場合
  <OSCDtmp32>
    ├── <ISO> ←------- USB回復ドライブの中身全てをコピーする
    ├── efisys.bin ←-- UEFIブート用:下記フォルダからコピーする
    ├── etfsboot.com ← BIOSブート用:下記フォルダからコピーする
    ├── oscdimg.exe ←- isoイメージ作成:下記フォルダからコピーする
    ├── oscdimg32_bios.iso :作成されるBIOS専用isoファイル
    ├── oscdimg32_uefi.iso :作成されるUEFI専用isoファイル
    └── oscdimg32_multi.iso:作成されるBIOS,UEFI両対応isoファイル
  C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\Oscdimg
 ・Windows 8.1 64bit用USB回復ドライブの場合
  <OSCDtmp64>
    ├── <ISO> ←------- USB回復ドライブの中身全てをコピーする
    ├── efisys.bin ←-- UEFIブート用:下記フォルダからコピーする
    ├── etfsboot.com ← BIOSブート用:下記フォルダからコピーする
    ├── oscdimg.exe ←- isoイメージ作成:下記フォルダからコピーする
    ├── oscdimg64_bios.iso :作成されるBIOS専用isoファイル
    ├── oscdimg64_uefi.iso :作成されるUEFI専用isoファイル
    └── oscdimg64_multi.iso:作成されるBIOS,UEFI両対応isoファイル
  C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\Oscdimg

3.ブータブルCDのisoファイルを作成
 ・コマンドプロンプト(管理者用)を起動します。
 ・Windows 8.1 32bit用USB回復ドライブの場合
  1.作業用フォルダに移動
   cd /d c:\OSCDtmp32
  2.BIOSブート専用isoファイル作成
   oscdimg.exe -n -h -l"回復" -bC:\OSCDtmp32\etfsboot.com C:\OSCDtmp32\ISO C:\OSCDtmp32\oscdimg32_bios.iso
  3.UEFIブート専用isoファイル作成
   oscdimg.exe -n -h -l"回復" -bC:\OSCDtmp32\efisys.bin C:\OSCDtmp32\ISO C:\OSCDtmp32\oscdimg32_uefi.iso
  4.BIOS,UEFIブート両対応isoファイル作成
   oscdimg.exe -m -o -n -h -l"回復" -bootdata:2#p0,e,bC:\OSCDtmp32\etfsboot.com#pEF,e,bC:\OSCDtmp32\efisys.bin C:\OSCDtmp32\ISO C:\OSCDtmp32\oscdimg32_multi.iso
 ・Windows 8.1 64bit用USB回復ドライブの場合
  1.作業用フォルダに移動
   cd /d c:\OSCDtmp64
  2.BIOSブート専用isoファイル作成
   oscdimg.exe -n -h -l"回復" -bC:\OSCDtmp64\etfsboot.com C:\OSCDtmp64\ISO C:\OSCDtmp64\oscdimg64_bios.iso
  3.UEFIブート専用isoファイル作成
   oscdimg.exe -n -h -l"回復" -bC:\OSCDtmp64\efisys.bin C:\OSCDtmp64\ISO C:\OSCDtmp64\oscdimg64_uefi.iso
  4.BIOS,UEFIブート両対応isoファイル作成
   oscdimg.exe -m -o -n -h -l"回復" -bootdata:2#p0,e,bC:\OSCDtmp64\etfsboot.com#pEF,e,bC:\OSCDtmp64\efisys.bin C:\OSCDtmp64\ISO C:\OSCDtmp64\oscdimg64_multi.iso

4.完成したisoファイルをCD-RやDVD-Rに書き込む
 エクスプローラでisoファイルを右クリックして表示された
 メニューの「ディスク イメージの書き込み」で書き込みます。
 ※ImgBuenをインストールしていると、このメニューは表示されないので、
  ImgBuenで書き込みを行ってください。

5.完成したブータブルDiscでPCが起動できるか確認


欲しい情報は見つかりましたか?
見つからない場合は過去ログ入りしてしまった可能性も考えられます。

下記にキーワードを入力してみてください。見つかるかも知れません。

[管理人へメール] [カスタマイズ] [過去の記事] [ホーム]

RSS RSS配信説明
お気に入り登録(IEのみ)

Yahoo!ブックマークに登録


Ferretアクセス解析