Re:回復ドライブ作成 へのコメント


注:タグは使えません。改行は反映されます
お名前:必須(貴方のニックネーム 個人名はやめたほうが良いでしょう)

E-mail:必須(回答をメールで配信します 掲示板には非公開)
  回答メール配信が不要な方はお問合せ下さい
ここまでの内容(最下位のパスワードも含む)をブラウザに記憶させる
タイトル:必須:全角35文字以内(困りごとの内容を短く的確に 例えば・・・)
鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃緒申鐃ス
困りごと内容:必須(内容をお書きください 具体的な方が解決は早いです)
--- 以下必要部分だけ引用してください ---
>おじいちゃんさんは No.517082「回復ドライブ作成」で書きました。
>まず回復ドライブには最低16GB以上必要ですCD-Rでは容量がたりません。
>その他Windows USB回復ドライブの作成方法について説明していきます。
>
>ステップ1、対処法1と同じ、予備コンピューターにUSBデバイスを接続し、「コントロ
>ールパネル」 に入って「回復」をクリックします。
>
>「回復」をクリック
>ステップ2、リストされている高度な回復ツールから「回復ドライブの作成」オプショ
>ンをクリックします。
>
>回復ドライブの作成」オプションをクリック
>ステップ3、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」前にチェック
>を入れて「次へ」ボタンをクリックします。
>
>システムファイルを回復ドライブにバックアップします
>ステップ4、接続されているUSBフラッシュドライブを選択し、「次へ」をクリックし
>ます。ちなみに、回復データを全部保存するため、USBフラッシュドライブの容量は最
>低でも8GBが必要です。一部のラップトップさらには16 GBの容量が必要となります。
>
>提示: USBフラッシュドライブの全てのデータは回復ドライブの作成中に削除され
>るの
>で、重要なものがあるなら、予めバックアップしてください。
>ステップ5、回復ドライブが自動的に作成されます。作成プロセスが完了したら、
>「完了」をクリックします。
>
>ステップ6、USBドライブを取り外し、起動できないSatelliteコンピュータに接続し
>ます。
>
>ステップ7、コンピューターを再起動し、Satelliteのブートメニューキーを押し続
>けてBIOSセットアップに入ります。
>
>ステップ8、「Boot」タグに移動し、USB回復ドライブのブート順位を第一位に調整
>して保存します。すると、コンピューターが自動的に再起動し、最初のキーボード
>や言語などの設定画面に入ります。
>
>ステップ9、基本の設定を完了したら、次のウィンドウで、「ドライブから復元」を
>クリックし、「ファイルを削除する」オプションを選択します。 その後、画面の指
>示に従って操作を完了してください。
>https://www.partitionwizard.jp/partitionmagic/toshiba-boot-menu.html


 パスワード:(投稿内容の修正、削除に必要)